Literary Blog

世の中の動きと文学について

黒澤明監督映画『羅生門』昭和25年公開の白黒映画だが見どころ満載

映画『羅生門』の概要

 

出演: 三船敏郎京マチ子森雅之志村喬
脚本: 黒澤明橋本忍
原作: 芥川龍之介『藪の中』

黒澤明監督作品である『羅生門』は、1950(昭和25)年公開の白黒映画です。
映画『羅生門』は、ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞、および米アカデミー賞名誉賞を受賞した作品。
黒澤明監督や日本映画が、世界で評価される切っ掛けとなった作品として、知られています。

羅生門は、古代日本の都城に建てられた正門のこと。舞台は、荒廃した平安時代。都の正門である羅生門でさえ、半壊した状態で放置されるほど、世の中は荒廃しています。

映画『羅生門』のあらすじ

物語のあらすじは、次のような内容です。
ある土砂降りの中、旅法師と杣売り(そまうり)が、羅生門で雨宿りをしています。
杣とは、木を育てて材木を取る山、あるいは切り出した木や、切り出すことを職業にしている人のことです。
旅法師と杣売りの2人は、なぜか首を傾げながらしゃがみ込んでいます。
そこへ1人の下人が、雨宿りのために、羅生門へ走り込んできました。
下人は、首を傾げながら自問自答している杣売りに対して、理由を聞こうと問いかけます。
そして下人の問いに、杣売りと旅法師の2人が答える形で、物語が始まるのです。

旅法師と杣売りは、ある事件の目撃者でした。
事件の当事者は、旅の途中で事件に遭遇した夫婦、および事件の発端となる盗賊の多襄丸の3人。
当事者の3人と、目撃者や関係者が、検非違使の尋問に答える形で、物語は進みます。

しかし、検非違使の尋問に対する彼らの告白と証言は、全くと言っていいほど異なり、矛盾しています。

映画『羅生門』は芥川の小説『藪の中』に脚色を加えた作品

この『羅生門』という映画は、1922(大正11)年に発表された芥川龍之介の短編小説『藪の中』が原案です。
黒澤明監督は、小説『藪の中』に脚色を加え、さらに同じく芥川龍之介の『羅生門』の場面設定を加えました。

映画タイトルは『羅生門』ですが、物語のストーリーは小説『藪の中』を基にしています。
映画の脚本では、旅法師と杣売りが下人の問いに答える形で話が進む流れですが、これは小説『藪の中』には無い設定です。
小説『藪の中』のストーリーに、3人の男が語り合うための、舞台として羅生門が加えられました。

小説『藪の中』は、殺人および強姦事件の真相に迫ろうとする物語です。これは映画『羅生門』においても同じですが、黒澤明監督は結末やストーリー展開などに脚色を加えています。

小説『藪の中』は、『今昔物語集』巻二十九第二十三話「具妻行丹波国男 於大江山被縛語」が原典とされています。
芥川龍之介は、古典文学の『今昔物語集』や『宇治拾遺物語』の説話を題材にした王朝物を何作品か残しました。
この小説『藪の中』は、芥川龍之介の王朝物の最後の作品です。

小説『藪の中』の事件現場は、峠道から奥深い藪の中でした。
そのため芥川龍之介は、小説タイトルを『藪の中』としたのです。
現在の日本語で、言い分が食い違っていて真相が分からないことを、「藪の中」と言います。
これは、芥川龍之介の小説『藪の中』が由来です。

ただ映画『羅生門』では、最後に事件の真相が明かされます。
小説『藪の中』では、木を切り出すために山奥へ向かっていた木樵(映画では杣売り)が、死体を発見するという設定でした。
しかし映画『羅生門』では、杣売りが事件を目撃していたのです。

映画『羅生門』と芥川の小説『羅生門』は登場人物や物語展開が異なる

芥川龍之介が1915(大正4)年に発表した小説『羅生門』は、荒廃した都の羅生門が物語の舞台です。
小説『羅生門』では、ある若い下人が主人から暇を出され、途方に暮れた面持ちで、羅生門の下で佇む場面から始まります。
その頃の羅生門は、死人が放置されているという噂が流れていました。

実際に、下人が梯子を上がると、死人が捨てられていました。
下人は、その死人の中に、一人の老婆がいることに気づきます。
なんと、老婆は死人の髪の毛を抜いていたのです。

下人が老婆を責め立てると、鬘(かつら)を作るために抜いていると答えます。
そして、悪いことだとは分かっていてるが、生きるためには仕方がないと。
今、髪の毛を抜いている女は、生きるために蛇を魚といって売っていた。
自分も生きるために、髪の毛を抜いて鬘を作ろうとしていると。

そうすると下人は、生きるためにお前の衣服を奪い取ってもよいのか、と言います。
そして、実際に追剥をして立ち去りました。

それが、映画『羅生門』では、物語の最後に、全く異なる展開にして、結末に加えられています。
3人が羅生門で語り合っていると、赤ん坊の泣き声が聞こえてきます。
どうやら、親から置き去りにされたようです。
そこには、籠に入れられた赤ん坊と一緒に、大人用の着物が置かれていました。
下人は、着物を持ち去ろうと考えましたが、思い止まります。
そして赤ん坊を抱きかかえ、自分の子ども達と一緒に育てると言って立ち去るのです。

小説『羅生門』は、現在も国語の教科書に採用されているので、記憶にある人は多いでしょう。
芥川龍之介の『羅生門』は、『今昔物語集』を題材として執筆されたと考えられています。
今昔物語集』本朝世俗部巻二十九第十八話「羅城門登上層見死人盗人語」を基に、巻三十一第三十一話「太刀帯陣売魚姫語」の一部を加えたとされています。

映画『羅生門』は芥川の書いた2つの名作が原典

映画『羅生門』は、芥川龍之介の書いた2つの名作、『藪の中』と『羅生門』を基に、脚本が書かれました。
近代文学の名作に、脚本家でもある黒澤明と、脚本家橋本忍の発想力が加わったのです。

芥川龍之介の短編小説『藪の中』と『羅生門』もまた、古典文学『今昔物語集』の説話を題材にしています。
多くの創作者は、過去の名作の影響を受けて、新しい作品を生み出してきました。
優れた文学作品や芸術作品には、過去の名作の優れた要素が受け継がれているのです。