文学の心得

言葉について考え、想像力を育み、人生をより豊かに

吉田修一『パーク・ライフ』出会いは思いがけない場所で

吉田修一氏の『パーク・ライフ』は、第127回芥川賞受賞作である。初出は文藝春秋の月刊文芸誌「文學界」の2002年6月号。
パーク・ライフ』は、2002年8月に文藝春秋から単行本として刊行された。単行本には、「文學界」1999年8月号に掲載された『flower』も併録されている。分量は、『パーク・ライフ』が96ページで、『flower』が76ページ。
吉田修一氏は1968年生まれ。長崎県長崎市出身の作家である。

小説の舞台は、東京の日比谷公園。物語を語る主人公の「ぼく」は、主にバスソープや香水を扱う会社に勤め、広報兼営業を担当している。日比谷公園は、勤め先の近くであり、自宅からも近い。会社の休憩時間や外回りの途中、それから休日にも訪れる。ぼくの日々の生活にとって、重要な場所だ。

ある日、ぼくは日比谷線の電車の中で、ひどくぼんやりしていたせいもあり、下車した先輩社員がまだ背後にいると錯覚し、見知らぬ女性に声を掛けてしまった。しかし、彼女はとても気さくな女性だった。
ぼくは赤面し腋の下に汗が滲んだが、それ以上の恥をかくことはなかった。そして偶然、ぼくは日比谷公園で彼女と再会した。彼女もまた、この日比谷公園の利用者。しかも彼女は、ぼくのことを以前から何度も日比谷公園で見かけ、顔を知っていたと言う。

その後、二人は日比谷公園で話をするようになる。だが、遠慮し合っているのか、お互いに相手のことを詳しく聞こうとしない。日比谷公園には、多くの人々が訪れる。初対面の人と会話を交わすこともある。ぼくと彼女は、そういった関係から、ちょっとだけ進展してはいるが、それ以上の関係ではない。

ぼくは彼女から、一緒に写真展に行かないかと誘わる。その後の二人の関係には、進展があったのだろうか。小説を読み終わったあと、その事が気になってしまう。この小説には、二人が出会った経緯や、距離を縮めていく様子、それから主人公の「ぼく」の周りで起こるさまざまな出来事が描かれている。