Literary Blog

世の中の動きと文学について

期限切れの「Microsoft 365」は削除しよう!

Microsoft 365」は、1ヶ月単位もしくは1年単位で、Microsoft Officeを利用できるシステムです。
以前の名称は「Office 365」でしたが、「Microsoft 365」に変更されました。
最新バージョンを利用でき、また一時的に必要になったときは、経済的でとても便利です。
期限切れになり更新しなければ、アプリケーションを起動しても使用できません。
が、期限切れのアプリケーションは速やかにアンインストールしましょう。

パソコン管理で、不要なアプリケーションを削除することは常識とも言えます。
再度、使用予定があり、再インストールの手間などを考えて放置してしまうこともあるかもしれません。
しかし、暫く使用しないのであれば、速やかに削除しましょう。
放置したままにしているとパソコンのエラーメッセージが表示されます。

例えば、次のようなエラーメッセージがパソコン起動時などに表示されます。

オペレーティングシステムは現在このアプリケーションを実行するように構成されていません」

「COM Surrogate は動作を停止しました」

Office アプリケーションを起動しようとすれば「更新切れ」のメッセージが表示されるだけです。
ですが、パソコン起動時やパソコン使用中に上記のようなメッセージが表示されると厄介です。
すぐに原因を突き止めることは難しくなります。

なお、「COM Surrogate は動作を停止しました」というエラーメッセージに関しては、原因が多岐に渡ります。
対処方法もその原因によって異なります。
コーデックやツール、ドライバ、更にはウイルスが原因のことさえあります。

また、もう一つ補足があります。
オペレーティングシステムは現在このアプリケーションを実行するように構成されていません」というエラーメッセージについてです。
利用中の Office アプリケーション が起動できないときも表示され、その場合は修復や再インストールで対処します。

(2018年1月30日)