小説や映画の鑑賞と物書きの仕事

主なトピックは小説と映画です。作品のあらすじや感想、創作や執筆に纏わることなどを書いています。

村上春樹氏の作家デビューと初期の長編小説

村上春樹氏の長編小説家としての歩み

村上春樹氏は自らを長編小説家として位置付けている。
村上春樹氏の著作は、小説のほか随筆、紀行文、ノンフィクション、翻訳など多岐に渡っている。
小説に関しては、短編や中編の小説を実験の場とし、得られたものを長編小説に持ち込んでいるそうだ。
例えば、1987年発売の『ノルウェイの森』講談社)の第2章と第3章は、短編小説「螢」(『中央公論』1983年1月号掲載)を下敷きにしている。

1979年発表の村上春樹氏の作家デビュー作『風の歌を聴け』講談社)には、デレク・ハートフィールド(Derek Heartfield )という架空の人物が登場する。1909年生まれで1938年没という設定である。主人公の「僕」は、デレク・ハートフィールドを最も影響を受けた作家として紹介している。ヘミングウェイフィッツジェラルドと共に作中に名前が挙げられ、細かい設定がなされているが、あくまでも架空の人物である。
風の歌を聴け』は、村上春樹氏のデビュー作であり、その後も作風の似た作品を発表している。そういった意味で、村上春樹氏の原点となる小説と言えるだろう。村上春樹氏は、この作品で、1979年の第22回群像新人文学賞を受けた。第81回芥川賞の候補になったが、受賞はしていない。第1回野間文芸新人賞の候補にもなった。これは村上春樹氏が30歳のときの話だ。

村上春樹氏は、1979年に『風の歌を聴け』で作家デビューを果たし、翌年の1980年に『1973年のピンボール』講談社)、1982年に『羊をめぐる冒険』講談社)を発表した。これら3作品は、村上春樹氏の初期三部作と呼ばれている。主人公の友人である鼠という人物が、3作品に登場するので、鼠三部作とも。また、主人公が20代のときの物語であり、友人やガール・フレンドとのことが書かれているので、青春三部作とも。
1973年のピンボール』は、第83回芥川龍之介賞候補および第2回野間文芸新人賞候補となった。
羊をめぐる冒険』は、第4回野間文芸新人賞を受けた。

村上春樹氏は、この頃、ジャズ喫茶を経営していたが、1981年に専業作家となることを決意。同年に翻訳書も刊行している。翻訳したのは、アメリカの小説家、F・スコット・フィッツジェラルドの作品。

村上春樹氏は、その後、1985年に『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(新潮社)、1987年に『ノルウェイの森』を発表した。『ノルウェイの森』は上下二分冊による刊行。
村上春樹氏は、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』で第21回谷崎潤一郎賞を受けた。
ノルウェイの森』は、村上春樹氏の5作品目の長編小説である。『ノルウェイの森』はベストセラーとなり、村上春樹ブームのきっかけとなった。

そして1988年に『ダンス・ダンス・ダンス』講談社)が、上下二分冊で刊行された。
この作品の主人公は、初期三部作と同一人物である。ただし鼠は登場しない。
青春三部作の続編であり、四部作の一作としても扱われる。
ダンス・ダンス・ダンス』は、初期三部作の3作品目『羊をめぐる冒険』の発表から6年が経過してから刊行された。