世の中の動きと文学について

言葉について考え、想像力を育み、人生をより豊かに

東野圭吾「シャレードがいっぱい」バブル景気の世相を思い出させる短編ミステリー

東野圭吾さんの短編小説「シャレードがいっぱい」は、2011年1月に光文社文庫から発売された短編小説集『あの頃の誰か』に収録されている。初出は『コットン』という小説の、90年11月号。小説誌での発表から20年以上経ってからの文庫化であった。文庫本で78ページの分量である。
『あの頃の誰か』は、当初から文庫判として発売された短編小説集であり、「シャレードがいっぱい」ほか全8編を収録している。東野圭吾さんの言葉を借りれば、「わけあり物件」が収録されているとのこと。例えば、「シャレードがいっぱい」を掲載した小説誌『コットン』の出版社は倒産している。

『あの頃の誰か』は、シリーズものでない8編を収める短編集である。8編のタイトルは、「シャレードがいっぱい」(コットン90年11月号)、「レイコと玲子」(コットン91年6月号)、「再生魔術の女」(問題小説94年3月号)、「さよなら『お父さん』」小説宝石94年7月号)、「名探偵退場」(『やっぱりミステリーが好き』新潮社90年6月刊)、「女も虎も」(IN★POCKET97年7月号)、「眠りたい死にたくない」(小説新潮95年10月号)、「二十年目の約束」(別冊小説宝石89年12月号)。
前述の通り、「シャレードがいっぱい」と「レイコと玲子」を掲載した小説誌『コットン』の出版社は倒産している。徳間書店の文芸誌『問題小説』は、2012年1月号より誌名を『読楽』(どくらく)に改題。講談社の『IN★POCKET』は2018年8月号をもって休刊。
どの作品も、2011年1月刊行の『あの頃の誰か』まで、短編集への収録チャンスがなかった。もっとも東野圭吾さんにとっては、『あの頃の誰か』は17年ぶりの、シリーズもの以外の短編集の発売であった。

シャレードがいっぱい」は、バブル景気の頃に書かれたものだが、作品にその気配が漂っている。この作品がきっかけとなり、『あの頃の誰か』というタイトルを付けたらしい。
この小説には、メッシー、アッシー、ミツグ君といった、当時使われていた嫌な言葉が出てくる。本編の主人公、津田弥生にも、そういった時代の感覚はあるが、好感度はそれほど低くない女性だ。
シャレードとは、英語でcharadeと書くが、言葉当て遊びのことで、文字謎という意味で使われている。本編の謎解きのキーワードである。