Literary Blog

世の中の動きと文学について

東野圭吾『沈黙のパレード』共犯者の誰も知らなかった隠れた真実

ミステリー小説において、遺族らの視点に立つ復讐のための殺人というストーリーは受け入れにくいこともある。だが本作は、そういう経緯があったのかと、事件の真相や話の展開に関心を持ち続けながら読了できた。殺意の有無、予期せぬ事態、不運な出来事。自分の身に何が起こるのかは分からない。
ガリレオシリーズではお馴染みの理系色の強い難解トリックの謎が解けても、周到なアリバイ工作が施されている。天才物理学者・湯川学が推理し、容疑者の自供が始まるまでは、謎解きを試みても難しいであろう。

何故この男は無罪になってしまうのだろう。警察や司法への失望と憤り。常軌を逸する被疑者・蓮沼。卑劣で凶悪な人物。遺族らは、司法が裁けないなら、自分たちがこの手で裁きたいと願う。復讐のためには、殺人さえもいとわないという、遺族および被害者を愛した人々の思い。だが殺人を犯せば、自分たちが犯罪者となる。残された家族のことも忘れてはならない。

二つの事件で被疑者となった蓮沼。真相を知りたい。この男が犯人であると確証を得たとき、遺族らは真実を吐かせるための計画を立てる。警察にはできない方法を使って。殺したっていいのだ。完全犯罪の計画。計画の実行はパレードの当日。

警視庁捜査一課の内海薫は、今回の事件に関して、同情の余地はあるが、どんなに最低の人間であっても命を奪う権利は誰にもない、と改めて思う。しかし、そのことを実証しなければならないことを考えると、気が重くなる。

事件解決の様相だが、まだ残りのページ数は多い。このまま終わりそうもない。どんでん返しが待っている予感。二転三転する真相。隠された真実。居た堪れない思いで、胸が裂ける。東野圭吾さんのミステリー小説の世界に浸ることができた。