文学の心得

言葉について考え、想像力を育み、人生をより豊かに

小川さやか『チョンキンマンションのボスは知っている アングラ経済の人類学』

本書の著者・小川さやかさんは、1978年生まれの文化人類学者で、専門はアフリカ研究。本書『チョンキンマンションのボスは知っている——アングラ経済の人類学』(春秋社)は、初版刊行が2019年7月。
2020年度の第8回河合隼雄学芸賞および第51回大宅壮一ノンフィクション賞の受賞作である。

春秋社のwebマガジン「web春秋 はるとあき」にて2018年1月より12月まで掲載された連載を、再構成し、加筆訂正を施し、書き下ろしを加え、単行本化したのが本書である。小川さやかさんは大学教員だが、本書は学術論文とは違うエッセイとして書かれている。

もとになった調査は、日本学術振興会科学研究費の助成を受けて実現した、香港に集まるタンザニア人らへの取材。彼らは、アフリカの母国から、一攫千金を夢見て香港へやってきた。

小川さやかさんは、もともとタンザニアの零細商人について、東アフリカのタンザニアへの渡航による現地調査もしながら研究をしていた。そして、香港と中国本土に渡航するアフリカ系商人の交易活動に関心を持ったそうだ。小川さやかさんは、英語だけでなく、スワヒリ語も話せる。

本書は、カラマという名前のタンザニア人の男性を主人公にして書かれている。彼は、チョンキンマンション(重慶大厦)のボスを自称している。チョンキンマンションは、香港の目抜き通りに立地する雑居ビルで、住居を主な目的に建てられたが、安宿としても有名。

著者は、チョンキンマンションに長期滞在し、アフリカ系住民を中心に現地の人々と交流した。タンザニア人のコミュニティーに加わり、彼らと親しくなることは、簡単ではないと思うが、小川さやかさんは成し遂げている。そのため、興味深いエピソードが満載である。

アングラ経済のアングラはアンダーグラウンドの略。アングラ経済を英語でいうと、underground economyである。地下経済あるいは非合法な経済活動を意味する。
現地での調査活動では、様々な難局に遭遇したと思われる。研究者としての探求心や行動力に感銘を受けた。