Literary blog

読書や映画鑑賞などの記録

映画『舟を編む』完全な人間でなくても一つの仕事に没頭できる人は魅力的

舟を編むとは、辞書を編集するという意味。原作者の三浦しをんさんは、辞書を言葉という大海原を航海するための舟に例え、このタイトルを付けた。 その辞書を編纂しているのは、生身の人間。ただし辞書編集部には、人とは少し違う視点を持つ人間が多いのかも…

実写映画『君の膵臓をたべたい』老若男女を問わず泣ける

実写映画『君の膵臓をたべたい』は、高校時代のクラスメイト・山内桜良の言葉をきっかけに国語教師になった志賀春樹が、母校の図書館で一人の教え子と会話をしながら、当時のことを思い出してゆく設定になっている。 原作は、住野よるさんが著した同名の青春…

映画『百円の恋』精一杯やれば人生は変わる

百円ショップでの出会いから始まった恋。ただし恋物語というよりは、人生論に重きを置いた作品と言える。 弁当屋の娘と引退間際の中年ボクサーが出会い、一緒に暮らすようになるが、幸せな結末には至らない。二人の恋愛よりも、不幸せな主人公・斎藤一子(安…

映画『64-ロクヨン-』警察官や元刑事や遺族らの執念

昭和64年に発生した未解決の少女誘拐殺人事件。この事件を「ロクヨン」と呼ぶ。 昭和64年1月5日、漬物工場を経営する雨宮芳男(永瀬正敏)の7歳の娘・翔子(平田風果)が誘拐され、犯人は身代金を要求してきた。県警は、初動捜査から少女の救出と犯人逮捕に…

映画『シャイニング』キングとキューブリックの対立があった1980年公開のホラー映画

映画『シャイニング』(The Shining)は、1980年に公開されたホラー映画である。スティーヴン・キング氏原作の同名小説を、1980年に巨匠スタンリー・キューブリック氏が映画化した。スタンリー・キューブリック氏は、監督・脚本を務めている。 映画冒頭のあ…

実写映画『翔んで埼玉』ギャグ漫画が原作のコメディー

2019年に公開された『翔んで埼玉』は、魔夜峰央さん原作の同名漫画を実写化した映画。ドタバタ喜劇のようなコメディーであるが、愛郷心を壮大なテーマにしているのが面白い。 魔夜峰央さんは、ギャグ漫画家として知られ、代表作に『パタリロ!』がある。『翔…

劇場版『コンフィデンスマンJPロマンス編』とにかく観て楽しい爽快なコメディー

コンフィデンスマンとは信用詐欺師。主人公のダー子(長澤まさみ)は百戦錬磨のコンフィデンスマン。ダー子は、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)といった仲間と組んで、詐欺を繰り返している。ただし一般人に手を出すことはない。ダー子た…

実写映画『キングダム』中国の春秋戦国時代を舞台にしたスケールの大きい時代劇

舞台は紀元前245年、中国の春秋戦国時代末期である。この時代、中国では500年に及ぶ騒乱が続いていた。 春秋戦国時代の中国最西に、秦という大国があった。その西方の国、秦で暮らす少年、信(山﨑賢人)と漂(吉沢亮)は戦災孤児である。二人は、下僕として…

映画『万引き家族』血のつながりと家族のあり方

映画『万引き家族』は、東京の下町に暮らす貧しい家族の物語。柴田治(リリー・フランキー)とその妻・信代(安藤サクラ)は、息子の祥太(城桧吏)を連れて、治の母・柴田初枝(樹木希林)の家で暮らしている。初枝は夫と離婚している。実は表向きは治の母…

映画『コーヒーが冷めないうちに』戯曲を小説化、そして映画化

とある街のとある喫茶店「フニクリフニクラ」での不思議な物語。喫茶店「フニクリフニクラ」には都市伝説がある。それは、店内の特別な席に座ると、望みの時間にタイムトラベルできるという話。 過去に戻ったり未来に行ったりできるのは、コーヒーをカップに…

映画『人のセックスを笑うな』男子学生と20歳年上の女性講師との恋愛

映画『人のセックスを笑うな』は、19歳の美術学校生のみるめ(松山ケンイチ)と39歳の講師ユリ(永作博美)との恋愛を、切なく滑稽に描いた物語。みるめは、美術学校の講師ユリから、絵のモデルになることを依頼される。20歳年上のユリは、自由奔放で気さくな…

映画『勝手にふるえてろ』オタク系女子のラブコメディー

主人公は24歳のOL・江藤良香(ヨシカ/松岡茉優)。ヨシカの仕事は経理。ヨシカは中学時代の同級生・一宮(イチ/北村匠海)に10年間片思いをしている。一宮の愛称は“イチ”。片思いと言っても、中学時代に同級生だったときも、ほとんど口を聞いたことはない…

映画『ツナグ』死者に会いたいという願いを叶えるファンタジードラマ

映画『ツナグ』は、生者と死者を再開させる仲介人や、死者に会うことを願う依頼人たちの物語。「ツナグ」とは、死者に会いたい人の依頼を受け、依頼人が希望する死者を呼び出し、依頼人に会うことを死者と交渉する使者のこと。「ツナグ」である主人公・渋谷…

映画『博士の愛した数式』記憶障害になっても慈愛と数学を忘れなかった博士

映画『博士の愛した数式』は、専門が数学の元大学教授(寺尾聰)とその家政婦・杏子(深津絵里)を中心とする物語。天才数学者の博士は、不慮の交通事故に遭ったときの後遺症により、記憶が80分しか持たない。交通事故の前の記憶は残っているが、その後の記…

映画『容疑者Xの献身』東野圭吾の同名小説の劇場版

映画『容疑者Xの献身』は、天才物理学者が難事件を解決する、推理小説「ガリレオシリーズ」の同名小説を原作にしている。ガリレオこと天才物理学者の湯川学が主人公である。「ガリレオシリーズ」は東野圭吾さんの人気シリーズのひとつで、第3弾の『容疑者Xの…

映画『半落ち』被告の元警察官が守りたかったのは

映画『半落ち』は、アルツハイマー病の妻から懇願され、嘱託殺人の重罪を犯した現役警察官が自首し、裁判が結審するまでを描いた物語。半落ちとは、容疑者が一部自供するも、完全に自供していない状態を指す警察用語。完全に自供すれば、完落ちとなる。 現役…

映画『羊と鋼の森』主人公のひたむきさと周囲の温かさに感銘

映画『羊と鋼の森』は、主人公の外村直樹が高校生のときに偶然知った調律師の仕事に魅せられてゆく物語。ピアノの鍵盤を押すと、羊の毛で作られたハンマーが、鋼の弦をたたく。 外村直樹は、高校生のときに調律師の板鳥宗一郎に出会い、調律の世界に魅せられ…

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』大人のための切ない恋愛ミステリー

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』は、もどかしさで息が詰まるような、大人のための切ない恋愛ミステリー。 北原十和子は、別れたはずの男のことを引きずりながら、15歳年上の佐野陣治という中年男性と同居している。同居生活は長いようだ。別れた男とは…

映画『白ゆき姫殺人事件』報道の過熱と根拠のないネット上の投稿

長野県の国定公園内で、化粧品メーカー・日の出化粧品の美人OL三木典子(菜々緒)が焼死体で発見された。滅多刺しにされ、燃やされていた。三木典子は、華やかで誰もが認める美人OLだった。 事件発生直後に、テレビ局の契約ディレクターをしている赤星雄治(…

映画『人魚の眠る家』娘への愛と家族の葛藤に心が揺さぶられる

映画『人魚の眠る家』は、脳死状態と思われる娘への愛や家族の葛藤に心が揺さぶられる作品である。播磨薫子(篠原涼子)と夫の和昌(西島秀俊)の間には、6歳の娘と4歳の息子がいる。和昌は、父親の後を継いでIT系機器メーカーの社長をしている。二人は、和…

映画『ユリゴコロ』吉高由里子が初めて殺人者役を演じる

亮介は、山中にレストランを開業したばかり。山里にある実家には、末期がんで余命わずかと診断されている父親が、一人で住んでいる。ある日亮介は、実家で「ユリゴコロ」と題されたノートを見つける。それは、殺人に取り憑かれた人間の告白文。 ノートに書か…

映画『スマホを落としただけなのに』命の危険に晒され過去が明かされる

映画『スマホを落としただけなのに』は、スマホという身近なものをテーマにしたサスペンス。派遣社員のOL稲葉麻美には、富田誠という会社員の恋人がいる。ある日、富田が商談相手の会社へ向かう途中、タクシーの座席に自分のスマホを落としてしまう。それを…

映画『カメラを止めるな!』インディーズ映画がSNSの口コミでヒット作品に

映画『カメラを止めるな!』は、悪戦苦闘しながらゾンビ映画を撮影するスタッフやキャストの姿を描くコメディー。前半と後半で大きな場面変化があり、カメラ目線が変わる。前半は映画の中で撮影されたゾンビ映画。後半は撮影中の裏側を俯瞰するというシナリオ…

映画『カサブランカ』屈指の名作となった1942年公開のハリウッド映画

『カサブランカ』は、1942年に製作が開始され、同年に公開されたアメリカ合衆国映画。日本でも1946年に公開されている。作品の主な舞台となり映画のタイトルにもなっている「カサブランカ」は、北アフリカ北西部に位置するモロッコの都市。モロッコは、1956…

映画『沈黙 -サイレンス-』宣教師や隠れキリシタンの過酷な運命を描く歴史ドラマ

映画『沈黙 -サイレンス-』は、江戸時代初期の長崎を舞台の中心にした歴史ドラマ。危険を冒して鎖国下の日本に潜入したイエズス会の宣教師が主人公である。 ポルトガルのイエズス会に、神父たちが耳を疑うような知らせが届く。その知らせとは、日本でキリス…

黒澤明監督映画『羅生門』昭和25年公開の白黒映画だが見どころ満載

映画『羅生門』の概要 映画『羅生門』のあらすじ 映画『羅生門』は芥川の小説『藪の中』に脚色を加えた作品 映画『羅生門』と芥川の小説『羅生門』は登場人物や物語展開が異なる 映画『羅生門』は芥川の書いた2つの名作が原典 映画『羅生門』の概要 羅生門 …

映画『新聞記者』政治問題をモチーフにした社会派ドラマ

韓国人気女優シム・ウンギョンさんを主役の日本人記者に抜擢 原案は望月衣塑子さんの『新聞記者』 映画『新聞記者』の主要な登場人物とあらすじ シム・ウンギョンさんの日本語と演技 韓国人気女優シム・ウンギョンさんを主役の日本人記者に抜擢 監督: 藤井…

映画『悪人』で祐一が最後に取った行動は何を意味するのか

祐一が最後に取った行動は何を意味するのか 映画『悪人』は、2010年9月に劇場公開された作品です。原作は、朝日新聞にて連載された、吉田修一さんの同名小説です。吉田修一さんは、監督の李相日さんと共同で脚本も手掛けています。殺人事件を題材にした長編…

映画『ラプラスの魔女』で描かれる壮絶な人間ドラマ

特別な能力を医学の力によって与えられた円華と謙人 映画『ラプラスの魔女』は、2018年に公開されました。原作は東野圭吾さんの同名小説です。 ラプラスとは、かつて実在したフランス人学者のピエール=シモン・ラプラスのことです。18世紀から19世紀にかけ…

映画『空飛ぶタイヤ』 原作のモチーフは過去の事件

原作のモチーフは過去の事件 映画『空飛ぶタイヤ』が2018年6月に公開されました。原作は池井戸潤さんの同名小説です。 主演は長瀬智也さんで、赤松運送の2代目社長赤松徳郎を演じます。 ホープ自動車の沢田悠太役はディーン・フジオカさん。ホープ銀行の井崎…