Literary blog

読書や映画鑑賞などの記録

森田良行『助詞・助動詞の辞典』日本語における重要な役割

日本語の助詞・助動詞について深く学びたいなら、森田良行氏の『助詞・助動詞の辞典』をお薦めしたい。助詞・助動詞に関する疑問を、この一冊で解決できそうな内容である。助詞・助動詞については、わかっているようで理解できていないことが多いのではない…

類語国語辞典の価値を知る

一般的な国語辞典はアイウエオ順の配列。対して、類語国語辞典は、単語を体系的に意味別に分類して配列している。これは両者の大きな相違点だ。そのため類語国語辞典は、一般的な国語辞典のように五十音順では引けない。索引から引くことになる。 著者の一人…

『てにをは辞典』言葉の結びつきに特化した文章上達のための辞典

「てにをは」とは 『てにをは辞典』はどういう本? 『てにをは辞典』には60万の結合語例が載っている 言葉の結びつきの法則を知ると文章は上達する 「てにをは」とは 「てにをは」とは、日本語の助詞・助動詞・活用語尾・接尾語など、文節の末尾に付く語の総…

文章表記の目安やよりどころになる共同通信社や時事通信社の用字用語集

報道関連の用字用語には、決まりや表記の基準のようなものがある。それを示したハンドブックが、共同通信社の『記者ハンドブック』や時事通信社の『用字用語ブック』。日本の記者の多くが、こういったハンドブックなどを基準にして記事を書いている。 これら…

魅力的な文章を書くためにセンスを磨く、必要なのは文章力と構成力と取材力

文章力、特にライターの文章力に関する本を何冊も読んだ。ライターに必要な文章力として、共通して書かれているのは、論理的で分かりやすい文章を書くことの重要性。小説家ではないライターは、文学的な表現を要求されることはない。ライターの仕事では、文…

文章の種類を把握することは文章上達のポイントのひとつ

まつかわゆま氏の『映画ライターになる方法』を読んで文章術を学ぶ ライターのお手本はビジネス文書 短い文章の場合は起承転結や5W1Hに拘らない 「私は」と書き始めるのは子供の作文!? ライターが美文を求められることは少ない エッセイやコラムでは語尾の…

編集者の視点を持つと文章力は向上する

上野郁江氏の著書『才能に頼らない文章術』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を読んだ。上野郁江氏は、出版社で編集者としてビジネス書を担当し、独立した方。 作家やライターが書いた文章術の書籍を、これまで何冊か読んだ。この本は、出版社の元編集者…

紙媒体とWeb媒体の違いを理解して文章を書く

Webライティングでは、Webサイトの特性を知ることが大事だ。福田多美子氏の著書『SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64』(ソーテック社)を読むと、一通りのことを学べる。福田多美子氏のペンネームは、ひらがなで、ふくだたみこ。 Webメデ…

速筆になるためのポイントは素材集め

上阪徹氏の『10倍速く書ける 超スピード文章術』(ダイヤモンド社)という本を読んだ。この本には、速筆になるには素材集めが重要と書かれている。正しい素材をひたすら集めて順番に組み立てると、世の中の役に立つ文章を速く書ける。 上阪徹氏は、雑誌や書…

文章を書くことをもっと楽しむには

田中泰延氏の『読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術』(ダイヤモンド社)という本を読んだ。書類などの文書と、書きたい人がいて読みたい人がいる文章は違う。ネット上に溢れているのは文章。 田中泰延氏によれば、書きたい人がいて…

中型国語辞典を使って、効率的に語彙力と文章力を付ける

iPadに中型国語辞典アプリを3つインストールしています。中型国語辞典の電子版を、iPadにインストールして使用できるとは、とても便利な時代になりました。使用している中型国語辞典は、「精選版日本国語大辞典」「広辞苑」「大辞林」の3種類です。 「精選版…

小型国語辞典を9冊使ってみた感想

小型国語辞典を、新旧合わせて9冊所有しています。版が新しい辞典を中心に9冊を使い分けていますが、頻繁に使用する辞典が徐々に固定してきました。頻繁に使用する辞典は「明鏡国語辞典」(大修館書店)、その次は「三省堂国語辞典」(三省堂)か「新明解国…

一つの正解がある論理の国語と無限の可能性がある感性の国語

『正しい日本語の使い方』(エイ出版社,2013年)という本をご紹介します。こちらはムック本のため、空いた時間などに、気軽に目を通すことができる本です。だいぶ前に、書店で目が留まり、購入しました。現在は、10万部超のベストセラーになっているようです…