文学の心得

言葉について考え、想像力を育み、人生をより豊かに

ノーベル賞作家・大江健三郎氏が初期に書いた短編小説

大江健三郎氏は1935年愛媛県生まれ。1994年にノーベル文学賞を受賞した。氏は東京大学文学部フランス文学科在学中から学生作家として有名になり、在学中に芥川賞を受賞している。 新潮社刊行の『死者の奢り・飼育』および『見るまえに跳べ』 第39回芥川賞受…

大江健三郎『万延元年のフットボール』 戦後の日本文学を代表する作品

戦後の日本文学を代表する作品 『万延元年のフットボール』は、ノーベル賞作家である大江健三郎さんの代表作の一つです。大江健三郎さんは、この作品で1967年の第3回谷崎潤一郎賞を受賞しました。度々、戦後の日本文学を代表する作品に挙げられています。199…