文学の心得

言葉について考え、想像力を育み、人生をより豊かに

吉田修一『パーク・ライフ』出会いは思いがけない場所で

吉田修一氏の『パーク・ライフ』は、第127回芥川賞受賞作である。初出は文藝春秋の月刊文芸誌「文學界」の2002年6月号。『パーク・ライフ』は、2002年8月に文藝春秋から単行本として刊行された。単行本には、「文學界」1999年8月号に掲載された『flower』も…

映画『悪人』で祐一が最後に取った行動は何を意味するのか

祐一が最後に取った行動は何を意味するのか 映画『悪人』は、2010年9月に劇場公開された作品です。原作は、朝日新聞にて連載された、吉田修一さんの同名小説です。吉田修一さんは、監督の李相日さんと共同で脚本も手掛けています。殺人事件を題材にした長編…