Literary blog

読書や映画鑑賞などの記録

筒井康隆氏のいう小説家の凄味とは

筒井康隆氏によれば、小説を書く覚悟を決めたときからそこには凄味があるそうだ。だから、小説に凄味がなくてはならないと言う必要もないのかもしれない、とも述べている。 小説を書こうと思い立つような人なら、自分しか表現できないものを持っている。その…

筒井康隆『創作の極意と掟』小説を書いてみたい人に捧げるエッセイ

『創作の極意と掟』(講談社)は、小説を書いてみたい人に捧げる、筒井康隆氏のエッセイだ。序言には「作家としての遺言」とも書かれている。この本には、ほぼ60年小説を書き続けてきた筒井康隆氏自身の経験と知恵が収められいる。文章読本や小説作法にも分…