文学の心得

言葉について考え、想像力を育み、人生をより豊かに

2020-12-15から1日間の記事一覧

村上春樹『海辺のカフカ』15歳の少年が主人公の幻想的な物語

村上春樹さんの『海辺のカフカ』は、2002年9月に新潮社から刊行された、書き下ろしの長編小説。村上春樹さんの長編小説としては、10作目となる。上下巻二分冊で刊行され、上巻が397ページ、下巻が429ページの分量。 『海辺のカフカ』は、15歳の少年が家出を…