文学の心得

言葉について考え、想像力を育み、人生をより豊かに

2020-08-09から1日間の記事一覧

高山羽根子『首里の馬』孤独なようで大胆にもなれる主人公の心温まる物語

主人公の未名子は、近所にある私設資料館で、資料整理などの手伝いをしている。職場ではなく、中学生のときから続けている手伝いを、社会人になってからも、仕事が休みの時に行っていた。手伝うようになったきっかけは、資料館の所有者である順が、学校にも…