Literary blog

読書や映画鑑賞などの記録

吉田修一『パーク・ライフ』出会いは思いがけない場所で

吉田修一氏の『パーク・ライフ』は、第127回芥川賞受賞作である。初出は文藝春秋の月刊文芸誌「文學界」の2002年6月号。
パーク・ライフ』は、2002年8月に文藝春秋から単行本として刊行された。単行本には、「文學界」1999年8月号に掲載された『flower』も併録されている。分量は、『パーク・ライフ』が96ページで、『flower』が76ページ。
吉田修一氏は1968年生まれ。長崎県長崎市出身の作家である。

小説の舞台は、東京の日比谷公園。物語を語る主人公の「ぼく」は、主にバスソープや香水を扱う会社に勤め、広報兼営業を担当している。日比谷公園は、勤め先の近くであり、自宅からも近い。会社の休憩時間や外回りの途中、それから休日にも訪れる。ぼくの日々の生活にとって、重要な場所だ。

ある日、ぼくは日比谷線の電車の中で、ひどくぼんやりしていたせいもあり、下車した先輩社員がまだ背後にいると錯覚し、見知らぬ女性に声を掛けてしまった。しかし、彼女はとても気さくな女性だった。
ぼくは赤面し腋の下に汗が滲んだが、それ以上の恥をかくことはなかった。そして偶然、ぼくは日比谷公園で彼女と再会した。彼女もまた、この日比谷公園の利用者。しかも彼女は、ぼくのことを以前から何度も日比谷公園で見かけ、顔を知っていたと言う。

その後、二人は日比谷公園で話をするようになる。だが、遠慮し合っているのか、お互いに相手のことを詳しく聞こうとしない。日比谷公園には、多くの人々が訪れる。初対面の人と会話を交わすこともある。ぼくと彼女は、そういった関係から、ちょっとだけ進展してはいるが、それ以上の関係ではない。

ぼくは彼女から、一緒に写真展に行かないかと誘わる。その後の二人の関係には、進展があったのだろうか。小説を読み終わったあと、その事が気になってしまう。この小説には、二人が出会った経緯や、距離を縮めていく様子、それから主人公の「ぼく」の周りで起こるさまざまな出来事が描かれている。

 

松浦寿輝『花腐し』バブル崩壊から十年経った東京の古い木造アパートの一室

松浦寿輝氏の『花腐し』は第123回芥川賞受賞作である。初出は講談社の月刊文芸誌「群像」の2000年5月号。『花腐し』は、2000年7月に講談社から単行本として刊行されている。

単行本には、書き下ろし短編小説『ひたひたと』を併録。単行本『花腐し』の分量は150ページだが、短編『花腐し』のみの分量は102ページである。
なお、短編『花腐し』は、2017年発売の作品集にも収録されている。表題は『幽 花腐し』。全6編が収められ、文庫および電子書籍として発売されている。

『花腐し』の舞台は、バブル崩壊が始まってから、十年ほど経った東京。主人公の栩谷は四十代半ば。栩谷は不況を切り抜けてきたものの、共同経営者のずさんな経理が表に出て、借金が降りかかってきた。共同経営者とは、大学時代からの友達。その友達は、事態が明らかになる前に、逃げてしまっていた。

栩谷は、十数年前に二年間ほど祥子という女性と同棲していた。祥子は実家に帰省した際、高校時代の友達と泳ぎに行った海で亡くなっている。栩谷は、結婚も同棲もすることなく、今に至った。

物語は、栩谷が祥子の思い出を回想する場面から始まる。駐車場の軒下で雨宿りしていた栩谷は、雨の日の祥子との会話を思い出していたのだ。

栩谷は、ある理由で古いアパートへ向かっていた。実は栩谷は、このアパートの持ち主でもある、消費者金融の社長の小坂から頼まれて、ただ一人このアパートに住む伊関という男に会いに来た。
伊関は、バブル崩壊が始まった頃、多額の借金をした。伊関の部屋には若い女の子がいた。彼女は、歌舞伎町のキャバクラでアルバイトをしている、アスカという源氏名の女の子。

物語は、栩谷と伊関のやり取りを中心に、アスカも加わる。そして、栩谷の頭の中には、十年前に死んだ祥子のことが、誰かと会話しているときでさえよぎる。

取り留めもなく続く、栩谷と伊関の酒を飲みながらの会話。その中で、伊関が万葉集の一首を持ち出した。万葉集巻十春相聞に次の和歌が載っている。

春されば卯の花腐し我が越えし妹が垣間は荒れにけるかも

 

森田良行『助詞・助動詞の辞典』日本語における重要な役割

日本語の助詞・助動詞について深く学びたいなら、森田良行氏の『助詞・助動詞の辞典』をお薦めしたい。助詞・助動詞に関する疑問を、この一冊で解決できそうな内容である。助詞・助動詞については、わかっているようで理解できていないことが多いのではないだろうか。

一般の国語辞典でも、個別の意味なら列記している。しかし、類語との使い分けや、用例までは学べない。また、文法辞典は、活用形式や規則などが主である。それに対して、森田良行氏の『助詞・助動詞の辞典』は、意味や表現についても扱っている。

森田良行氏は、日本語について本書のプロローグで次のように述べている。

語彙に対して話者の把握認識の有り様を示す言葉を添えて、より複雑な内容の叙述形態へと発展させていく。

日本語は、助詞を添えながら話を進めていく表現形式。日本語の場合、種々の助詞を適宜添えることで、言いたいことを文形式として定着させる。助詞の順番や組み合わせにより、話の内容が変わる。
日本語と英語では、言語の性格が異なる。日本語は、英語のように構文規則によって順番に並べるだけでは成立しない。日本語の助詞は、表現内容を形成する際に、重要な働きをしている。

森田良行氏に言わせると、英語などは内容をドライに叙述する言語とのこと。英語などは一見論理的に見え、日本語は情的で論理性軽視に見えるかもしれない。
しかし日本語は、論理を曲げることなく、正確に叙述内容を伝えている。ゆえに、日本語は論理と感情の両面を合わせ持つ性格の言語であると。
助動詞に関しても同じだ。日本語は、まず客観的な叙述内容を述べる。そして、表現主体の受け止め方は、助動詞などを添え加えることで相手に伝える。

接続助詞に関する、森田良行氏の見解についても触れておく。情報内容を広げる場合、新たに文を起こし連文とする方法と、繋ぎ言葉により展開する方法とがある。前者が接続詞を使う方法で、後者が接続助詞を使う方法のこと。

いったん文を切り、改めて判断を加える接続詞による方法は、論理性寄りの印象を与える。対して接続助詞を使うと、どういった印象を与えるだろうか。森田良行氏の言葉を借りれば、表現意識の連続性といった情的な面の濃い表現となる。
接続詞を使う方法は、前件・後件の論理関係を示すことを重視する表現方式と言える。対して接続助詞を使う方法は、感情の流れに乗って話を展開させていく表現方式。
日本語の接続助詞のような展開は、他の外国語では見られてない。日本語には、相対的に主観的認識、情的な側面が見え隠れする。

日本人は、相手を意識して会話を進めることが多い。そのため、文の終わりだけでなく、文節の切れ目にまで、相手を意識した言葉が現れるのだ。森田良行氏は、こういった日本語の特徴を踏まえ、日本語表現の向上に役立つ『助詞・助動詞の辞典』を著した。

参考文献 森田良行『助詞・助動詞の辞典』東京堂出版,2007

 

石川達三『蒼氓』社会派作家の視線は民衆に向けられていた

石川達三氏(1905~85年)の『蒼氓』は、1935(昭和10)年の第1回芥川賞受賞作である。石川達三氏は秋田県出身の作家。
作品の舞台は、1930(昭和5)年、神戸の国立海外移民収容所。これから900人以上の移民希望者が、ひと月半かけて、ブラジルのサンパウロ州にある港湾都市、サントスへ向かう。
1935年発表の短編小説『蒼氓』には、出向までの8日間が描かれている。その後、石川達三氏は、第2部「南海航路」、第3部「声無き民」を執筆し、1939年に長編小説として発表した。

石川達三氏は、作品の舞台と同年の、1930年に移民監督者として移民船「ら・ぷらた丸」で、ブラジルへ渡航した。本作は、小説のモデルとなる民衆と真正面から向き合った経験を生かし、卓越した観察力で描かれている。

本作のベースには、実体験がある。深層には石川達三氏の強い正義感もあるようだ。本作の登場人物の多くは、石川達三氏の出身地である秋田県をはじめ全国から集まった、ブラジルへの移住を希望する極貧の農民である。彼らの会話は、出身地の方言。石川達三氏は、彼らに焦点を当てて『蒼氓』を執筆した。

蒼氓という言葉を、もう少し簡単に言い換えると民衆という言葉になる。石川達三氏は、国策に翻弄され故郷を離れ未知のブラジルの地へ向かう、民衆の存在を本作で伝えたかったのであろう。そして当時の読者の心をつかみ、高く評価されたのだ。

石川達三氏は、ブラジルに渡航し数カ月、日本人農園に滞在してから帰国した。石川達三氏は、芥川賞受賞後、ブラジル移民の現実を知る。そして1939年に、船内での生活を描いた第2部「南海航路」、ブラジルの地で働きだそうとする姿を描いた第3部「声無き民」を加え、長編小説として発表したのだ。

単行本『蒼氓』は、石川達三氏の出身地秋田で地方紙を発行している、秋田魁新報社によって2014年に復刊された。本書には「蒼氓」3部作全てが収録されている。
分量としては、第1部『蒼氓』が88ページ、第2部「南海航路」が122ページ、第3部「声無き民」が50ページ。

第3部「声無き民」の結末の場面は、農場に来て三日目の朝、初仕事の日である。すでに家族五人は、与えられた粗末な家で生活を始めていた。この五人は、ブラジル移民になるために結ばれた、婚姻関係により成立した家族である。これは、頻繁に行われていたこと。男3人が肩を並べて農場へ向かう。そして老女とその嫁が、3人を見送る場面で終わる。

参考文献 石川達三『蒼氓』秋田魁新報社,2014

 

類語国語辞典の価値を知る

一般的な国語辞典はアイウエオ順の配列。対して、類語国語辞典は、単語を体系的に意味別に分類して配列している。
これは両者の大きな相違点だ。そのため類語国語辞典は、一般的な国語辞典のように五十音順では引けない。索引から引くことになる。

著者の一人浜西正人氏によれば、一般的な国語辞典は、個々の語を他の単語で言い換えるだけ。対して、類語国語辞典は、細かい意味を記述し、単語相互の潜在的関係を顕在化できるとのこと。
浜西正人氏はまた、言葉はばらばらにではなく、意味の群れとして記憶し、その場に応じて的確に使用することが望まれる、とも述べている。それにより、本当の意味で語彙が豊富になるのだ。

単語が使われるときの意味には二つの関係性がある。一つは、実際に使われるときの単語の意味が、文脈の中の単語相互の関係性で決まること。
もう一つは、類似する単語間にも潜在的な関係があり、文脈に使う語として選ばれた単語と選ばれなかった単語には潜在的な関係の制約があるということ。

一つの単語の意味を知るには、潜在的な関係を保つ単語群の中での、その単語の位置を知る必要がある。浜西正人氏は、類語国語辞典を使う意義をこのように述べている。

 

『てにをは辞典』言葉の結びつきに特化した文章上達のための辞典

「てにをは」とは

「てにをは」とは、日本語の助詞・助動詞・活用語尾・接尾語など、文節の末尾に付く語の総称。広義では、体言・用言以外、つまり副詞や接頭語も含む。狭義では、助詞・助動詞のみを指す。また、言葉の用法、特に助詞の用法という意味でも使われる。助詞の別称でもある。

国語辞典は、言葉の意味と文法の解説が主である。紙面の制約上、編者の小内一氏の言う結合語の例はわずか。小山一氏は、国語辞典を補完し、文章を書く時の手助けとして、この辞典を使ってほしい、と述べている。

『てにをは辞典』はどういう本?

『てにをは辞典』は、二つ以上の言葉がどのように結びつくのかを確認したい場合に役立つ辞典だ。一つの言葉が単独で使われることもある。しかし、文章を書いたり、会話をしたりする際は、言葉に結びつきを持たせながら組み立てる。
本書では、二つ以上の言葉が結びついた形を結合語と呼んでいる。たとえば「名詞」と「動詞」が「助詞」を介して結びついた形など。助詞だけでなく、形容詞や副詞などの結びつきまで収められている。

本書は、助詞や助動詞を文法的に解説するような辞典ではない。用例を採集した辞典である。解説が必要な場合は、他の書籍を選ぶとよいだろう。助詞・助動詞の辞典は数多く出版されてきた。その中には、意味・用法を文法に触れながら解説している辞典がたくさんある。

『てにをは辞典』には60万の結合語例が載っている

『てにをは辞典』の用例は、250名以上の作家の作品や、雑誌や新聞などから採録されている。採集したのは、近現代の大衆小説や時代小説、純文学、評論など。著名な作家らの文章のため、信頼度が高い。

本書には、60万の結合語例が、3万5千の見出しのもとに収録されている。見出しは、名詞、動詞、形容詞、形容動詞、副詞など。原則として、助詞、助動詞、接続詞、感動詞は見出しにはなっていない。
見出しの並べ方は、一般の国語辞典と同じく五十音順。そのため、言葉の結びつきを、執筆中などに調べる場合は便利だ。たとえば、一つの見出しを見ると、その見出しに対する、前後の結びつきの例が載っている。使いたい単語にぴったりの結びつきを探すのに役立つであろう。

言葉の結びつきの法則を知ると文章は上達する

「てにをは」が変わると、文章のニュアンスが変化する。用法を誤ると、相手に自分の主張や思いが的確に伝わらない。自分も相手も、違和感を覚えることになるだろう。文章を書いていて、より適切な言葉の結びつきを知りたい、表現を工夫したい、そう思った時に役立つのが本書である。

文章に関わる仕事で、言葉がしっくりしない場合や、他の言い回しや表現を知りたい時などはないだろうか。小山一氏は、そういった時に参考になる本が見当たらなかったので、自力で結合語を採集し始めたと述べている。そして本書の刊行に至ったとのだと。

 

文章表記の目安やよりどころになる共同通信社や時事通信社の用字用語集

報道関連の用字用語には、決まりや表記の基準のようなものがある。それを示したハンドブックが、共同通信社の『記者ハンドブック』や時事通信社の『用字用語ブック』。日本の記者の多くが、こういったハンドブックなどを基準にして記事を書いている。

これらの用字用語集が、何を参考にして編纂されているかと言うと、日本新聞協会用語懇談会や文化審議会の議論、内閣告示、常用漢字表などである。これらは、一般の社会生活や学校教育における国語表記の目安とも言えるだろう。
よって、記者だけでなく文章を書くすべての方の役に立つハンドブックである。文章を書いていて、文章表記に迷うことが多い方は、よりどころにするとよいだろう。

新聞記事の意義は、正確な情報を、分かりやすく、読みやすく、やさしい文章で伝えること。そして文章執筆では、できるだけ統一した基準を守ることも原則にしている。
新聞社には、多数の記者が所属している。速報性も重要であり、締め切り時間がある。そういった中で執筆するので、あらかじめ基準のようなものがあった方がいい。そうすれば、迷いも少なくなるだろう。

新聞記事の決まりや表記の基準は、仕事で文章を書くときや、ブログなどで情報発信する際も、参考になるはずだ。用字用語集には、同音異義語の書き分けや送り仮名の付け方など、文章の基本的なことを確認するのに役立つ情報が多い。
一般の方が、分かりやすく読みやすい文章を書きたいときや、文章の統一した基準を知りたいときなどにも、よりどころとなるだろう。さっと調べられるハンドブックなので、使い勝手がよいという利点もある。